2022.03.16

【砺波会場】「しあわせる。富山 ビジョンセッション」が開催されました。


 3月15日(火)、砺波市のチューリップ四季彩館ホールで「しあわせる。富山 ビジョンセッション」を開催しました。
 当日は、一般応募で集まった20名が参加。「ウェルビーイング×ブランディング」をテーマに、新しい富山をつくるために自分たちができる具体的なアクションのアイデアについて、グループワークを通して話し合いました。

 「ブランディング」という幅広いテーマに、多様な性別・年代・所属の方々にお集まりいただきました。一人ずつ自分が実現させたいアイデアと簡単な自己紹介をした後、似たアイデアや関心のあるテーマごとに5つのグループに分かれ、具体的なアクションのアイデアづくりに取り組みました。各グループで出されたアイデアは動機・アクション・ゴールに整理され、いざグループ発表へ。「南砺の干し柿づくりなど富山の食文化をまるごと体験してもらい、健康で幸せな暮らしを発信するのはどうか」「関係人口1000万を目指し、富山でのワーキングホリデー体験を促進しては」などといったアイデアが出される中、「古民家シェアハウスのドキュメンタリー番組を作り、YouTubeで発信して移住のきっかけに」というプランに多くの支持と共感が寄せられました。

 富山県では、3月21日(月・祝)までの間、「幸せ人口1000万」実現に向けて、富山県内各地においてさまざまなテーマで「しあわせる。富山 富山県成長戦略カンファレンス」を開催していきます。
 各イベントは、開催当日のLIVE配信視聴によりオンライン参加も可能です(事前申込制)。皆さんも、ぜひご参加ください。

back