2022.09.08

vision session-4「女性が『さらに』活躍する社会へ」 「しあわせる。富山」ビジョンセッションを開催しました。


 8月28日(日)、富山県美術館(富山市木場町)で4回目のビジョンセッションとなる「女性が『さらに』活躍する社会へ」を開催しました。女性活躍の推進が叫ばれる一方で、若い女性の県外流出が止まらない富山県の現状を踏まえ、女性活躍の推進に取り組む経営者や県の担当者が登壇し、それぞれの視点から率直な意見を交わしました。
 10~30代の女性の県外流出率が全国ワースト2位と、若い女性が都会に出て行きやすい傾向にあることについて、登壇者は「東京のようにキラキラと働く姿が富山では想像できない」「女性のキャリアプランの選択肢が都会に比べて少ない」などと指摘。管理職の割合が低いことについては、「性別による役割分担の意識や、“女性はこうあるべき”というステレオタイプな感覚が根強く残っているせいでは」と分析しました。
 参加者からは「女性の働き方の選択肢を増やすことが重要」「しあわせな働き方は人それぞれ。いろいろな人に合わせられる柔軟性をもった会社が増えればいい」「女性活躍を促す補助事業なども活用してほしい」などと意見が出たほか、会社内での評価体制や昇進の基準の見直しを求める声も上がりました。モデレーターは「県内におけるロールモデルの存在を広く知ってもらうことが必要」と語り、具体的にイメージできるロールモデルがあればそれを手本にして多様な働き方をする女性がもっと増えていくのではとセッションを締めくくりました。

 各セッションの模様は、9月9日(金)以降に、「しあわせる。富山」特設サイトでアーカイブ動画により配信いたします。ぜひご覧ください。
 また、10月28日~30日の3日間で開催する富山県成長戦略カンファレンス「しあわせる。富山」では、この議論を踏まえてテーマを設定し、県外の事業者や専門家等にも参画いただいて議論を深め、参加した企業等の皆様の連携により、新たな取組みやプロジェクト組成につなげることとしています。

荻浦 明希子 氏

荻浦 明希子 氏

近藤 裕世 氏

近藤 裕世 氏

増子 愛 氏

増子 愛 氏

高木 新平 氏 【モデレーター】

高木 新平 氏 【モデレーター】

back